無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

第9回 プローバー’01 写真展 5日 16時まで

の争いどちらがお好き?

会期:2015年9月29日(火)~10月5日(月) 初日は13:00~ 最終日は~16:00
会場:かなっくホール ギャラリーB(アクセスはDM宛名面のポップアップ参照)
Hpimg_0001

Hpimg_0002今回の写真展はプローバー’01創立15周年記念展である。会場のあいさつ文を以下に掲載する

「朝夕の争い」
 写真の世界では、朝夕がシャッターチャンスだといわれています。朝夕の被写体は、どちらも低い光で照明され、しばしばドラマティックな表情に恵まれます。はたして、写真に最適な時間帯はどちらでしょうか。
 私たちは、3年前「春秋の争い」という写真展を開催しました。これは、四季の変化が顕著な、美しい日本で、春秋の優劣を競おうというものです。古来、万葉集や源氏物語でも取り上げられてきたテーマです。この「春秋」を「朝夕」に置き換えてみました。朝夕の優劣は、写真にたずさわる私たちにとっては大いに関心事です。私たちプローバー’01は、朝と夕の味方になっていろいろな風物を撮影してみました。
 作品をとおして、多くの写真家と朝夕の優劣を話し合えたら幸いです。

2015年9月29日  プローバー’01一同/コーチ:豊田芳Hpp9291209_edited1_3Hpp9291203_2

写真上は会場風景、同右下はプローバー’01のメンバー
Hpp9291213_edited1

カテゴリーについて(豊田記)
 文章や書籍には章や節、段落がつきものだ。たくさんの情報を伝えるとき、それをいくつかに分けて、論述しないと、読者は混乱して内容を把握できない。章や節にはタイトルがあり、段落には見出しがつく。Hpimg写真集や写真展にも、この区分けは必要だ。私は、この区分けや分類をカテゴリーと言っている。このたびの『朝夕の争い』展には、このカテゴリーを最大限に利用した。
 名取洋之助 著「写真の読み方」(岩波新書)には、いかに写真をわかりやすく読ませるかということが書かれている。おもに報道写真やドキュメンタリーについて解説されているが、写真展や写真集にも触れている。要は、画面の大小と並べ方により、伝えたいことを明確にして読者に見せようということだ。私たちプローバー’01展では、プリントサイズは一定だが、並べ方では大いに工夫した。
 プローバー’01は、全作品を朝夕二つに分け、さらに、それぞれを三つに分類して色分けして区別した
(図表右上 ポップアップ可 。カテゴリーの色は作品のタイトル札にも反映されている。常にカテゴリーを念頭において作品を見ていただこうと意図したからだ。 (写真下は15周年記念展で制作したプログラムの表1とP2~3の見開き。A4判、4Pで、見開きP2~3は作品一覧、表4にはプローバー'01の入会案内などの情報を収録した)Hppa011262_edited1

中華レストラン・大陸展は、ここをクリックしてください
プローバーの例会作品はここをクリックしてください

2015年9月23日 (水)

木所栄一の作品…中華レストラン・大陸展

 中華レストラン・大陸展は、中華料理店「大陸」から提供いただいたスペースを利用して、メンバーの作品を展示するものです。月替わりで、作品2点を店内に展示しております。現在、木所栄一展を開催中です。

  『時の景』
 
(伊豆半島で撮影)
  『風の刻』 
(三浦半島で撮影)

10月2日(金)まで開催しております。なお、つごうで本ブログには作品を掲載しておりません。中華レストラン「大陸」 は横浜スカイビル11Fにあります。

プローバーの例会作品はここをクリックしてください。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »